スルガ銀行について

7月 23, 2014 Author admin

スルガ銀行は、静岡県沼津に本店を置く地方銀行です。主に静岡県を営業エリアとしていますが、神奈川県なども営業エリアとしている銀行です。また、この銀行の店舗については、名古屋や大阪、首都圏にあるため、地方銀行としては、日本で広く営業を行なっている銀行として知られるようになっています。

スルガ銀行は、平成に入るまで「駿河銀行」という名称で営業を行なってきた銀行です。これまで静岡にあった多くの銀行を合併吸収することによって、今のスルガ銀行に成長してきたという経緯をもっています。また、スルガ銀行では、最近になり、東京、札幌、福岡、仙台、京都、広島に支店を出したことから、全国的に活動する銀行として、利用者に人気が高まるようになっています。

スルガ銀行は、銀行提携などを進め、スルガ銀行ならではの営業戦略が評価されるようになっています。たとえば、銀行業界では早くからネットバンキングを導入し、2000年にはネット支店を開設したことにより、株価が上昇するほどとなっています。そのようなことから、スルガ銀行は、ネットバンキングにおいては特に特徴をもつ銀行となっています。また、多くの企業と提携したインターネット支店の開設も進められているようです。

スルガ銀行では、独自のサービスとして即時決済を可能とした「SURUGA VISAデビットカード」の発行や生体認証(指静脈)キャッシュカードの発行、ALSOKのホームセキュリティを活用したキャッシュカードの盗難対策が実施されています。

そして、スルガ銀行では、ATMを搭載した移動銀行窓口車「アクセスビークル」を活用して、県外で定期的に営業を行なっています。どこでも移動できるため、ローンなどの相談業務ができる銀行として重宝されています。