スルガ銀行の特徴

9月 22, 2014 Author admin

平成2年に駿河銀行からスルガ銀行に商号を変え、今では札幌から福岡まで、大都市に店舗をもつようになっています。

そして、スルガ銀行では、インターネットバンキングを早くから導入することによって、全国的に使いやすい銀行として知られるようになっています。平成12年には、株価がバブル期のように上がるなど、地方銀行では、評価の高い銀行として知られるようになっています。

インターネット支店では、多くの企業と提携を行なっていることが特徴で、インターネットバンキングを活用した銀行取引をいち早く取り入れたサービスは、スルガ銀行ならではのものとなっています。

さらに、スルガ銀行では、店舗がないところにおいて、移動銀行窓口車を使って営業を行なっています。これはスルガ銀行の特徴でもあり、移動銀行窓口車は現在、神奈川県において定期的に移動営業を行なっているそうです。また、ATMを搭載していることから、どこでも移動できる窓口車として、今後のさまざまなところで活用されることが期待されています。今後も県外において、ローンなどの相談を行うようです。

スルガ銀行は、ICキャッシュカードのデビット機能をもつSURUGA VISAデビットカードの発行、生体認証(指静脈)キャッシュカードの発行によるバイオセキュリティシステムを導入するなど、セキュリティ面において配慮されるようになっています。

キャッシュカードの盗難対策では、ALSOKのホームセキュリティを運用し、「みまもりサービス」が行われるようになっています。このように、スルガ銀行は、静岡の地方銀行でありながらも、銀行独自のサービスを取り入れることによって、他銀行との差別化に努めていることを特徴としています。