スルガ銀行のデメリット

1月 20, 2015 Author admin

スルガ銀行は、静岡県沼津市に本店を置く銀行ですが、静岡県や神奈川県を主な営業エリアとしています。営業エリアは、札幌から福岡まで大都市に支店を置くことで、全国的な営業を行うようになっています。

そのことから、スルガ銀行は、地方銀行でも全国で利用できる銀行として知られるようになっています。しかし、静岡県、神奈川県以外においては店舗が少ないことから、地方で口座をもつ人にとっては使いにくさがあるといわれています。万一トラブルがあったときは、すぐに現地において対応することができないといったことをデメリットとしているようです。これは、インターネット支店でも同じことがいえるようになるのですが、インタートバンキングを活用する人にとっては、トラブル対応において不便さを感じるようになるといわれています。

スルガ銀行では、企業専門の支店がたくさん開設されていることが特徴です。そのようなことから、スルガ銀行を使う企業にとってトラブルが生じたときは、対応に困るようになることも考えられます。

インターネットバンキングを特徴とするスルガ銀行では、メリットがある反面、インターネットを活用することによって生じるデメリットも現れるようになっているのです。

これは、セキュリティ面においても考えられるものとなっています。たとえば、店舗などを利用した場合、生体認証キャッシュカードの発行やALSOKのホームセキュリティを活用してキャッシュカードの盗難対策などを行なっています。しかし、インターネットを使った取引においては、特にセキュリティ面における特徴が見られません。そのことから、スルガ銀行では、ネットバンキング利用によるセキュリティ問題が起こることが考えられるとされています。これらはスルガ銀行ならではのデメリットといってよいでしょう。